被疑者の誓約書を作成し警察に提出したことで被害届が受理されず不立件に|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件の概要

 大学教員として勤務していた被疑者が,ハロウィンパーティーの二次会として行われたカラオケに生徒である女子学生とともに参加し,当該女子学生をカラオケルームで姦淫したという事案。被疑者は同意があったとして,強制性交等(旧 強姦)の事実を否認していた。被害者が,大学に被害を申告したために事件が発覚。警察に被害届が提出する前段階で受任した。
 被疑者は日本で単身居住していた。

弁護方針

 生徒と不適切な関係を持ったということで大学からの処分は不可避であった。大学から,被害者が警察署に相談済であるという事実を確認できたため,弁選提出を口実に,所轄の担当警察官に接触した。担当警察官には,被告人の弁解を,弁護人を通じて伝えた。また,被告人名義の誓約書を作成し,逃亡及び罪証隠滅のおそれがないことについて,被疑者の誓約書を作成させ,所轄の警察署の署長あてに提出した。

結果

 結果,警察署が被害届を受理しなかったため,刑事事件として立件されることなく終結した。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail