高齢者の執行猶予中の万引き事案で,再犯防止の環境作りをして,二度目の執行猶予を獲得|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件の概要

 高齢の相談者は,お店で商品を数点(被害金総額数千円)万引きしたところ,警備員に発見され逮捕。相談者はこれまでも何度も万引きを繰り返しており,本件は執行猶予中の再犯であったため,警察や検事からは「今回は執行猶予がつかず,実刑になるだろう。」と言われたため,相談来所し受任。

弁護方針

 相談者は,金銭的に困窮していないのに万引きを繰り返すクレプトマニア(窃盗症)の特徴を有していた。窃盗症の専門クリニックを紹介し,保釈後に通院をしてもらった。担当医とも連携を取りながら,窃盗症治療の経過を観察した。また,相談者は高齢であり認知症の疑いもあったところ,万引きを繰り返してしまう方々の中には,認知症が主原因となっている事例もあるため,認知症の診察,治療も並行して受けてもらった。
 これまでは,相談者自身,家族に度重なる万引き行為を打ち明けず,一人で思い悩み続け,解決しようとしていたため,家族にも洗いざらい全て打ち明けてもらい,窃盗症の専門クリニックの通院等には家族に付き添ってもらった。そして,逐一報告を受け,通院日記も書いて,自身の犯行原因と向き合ってもらった。
 そして,これまでの万引きは,経済的目的ではなく,ストレス解消目的にあると判明したため,そのストレス要因となっていた株式投資や個人店経営などの身辺整理をしてもらい,ストレス要因となった原因をなくして再犯に及ばない環境作りを一緒に考えて,それを実行してもらった。

結果

 裁判では,このような取り組みを主張した結果,裁判官は,「執行猶予中の再犯なので原則実刑。ただし,本件では更生に期待すべき特段の事情がある。」として,執行猶予中の再犯でありながら,再度,執行猶予判決が下された。相談者は,裁判が終わってからも,クリニック通院を続け,同じような万引きを繰り返さないようにと毎日日記をつけ,家族ともよく話し合いをしながら平穏な日常生活を送っている。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

暴行事件の逮捕・示談に強い弁護士

 日常生活で起こりうる,以下のようなトラブルを見てみましょう。 彼女と口喧嘩をしていて,つい手が出てしまった,殴ってしまった けんかになって相 ...

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

弁護士 岩澤 祐未

ご挨拶  ご覧いただきありがとうございます。  「ある日突然,刑事事件や民事事件に巻き込まれたあなたには,安心して話をできる場所がありますか。」無 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

刑事判例紹介(35)

刑事判例紹介(35) 事案  建造物侵入未遂被疑事件の嫌疑を有するAに対して,犯行計画メモやA名義の預金通帳等を差し押さえることを許可する旨の捜索差 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel