2人の被害者と示談交渉を進め,公判においても執行猶予を獲得|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

解決実績 解決実績

事件の概要

 被告人男性が女性の後をつけ,押し倒し下着をはぎとって逃げたという強制わいせつ・強盗事件(1件)と,被告人が女性の後を追って,自宅に入る直前にマスクをとって逃げたという窃盗事件(2件目)での裁判員裁判事件。

弁護方針

 被告人は被害者の身体が目的ではなく,あくまで下着が目的であったと主張。本件事件は被告人のフェチシズムに基づく悪質な性犯罪にすぎず,強行犯の事件ではないと反論した。また,2人の被害者と示談交渉を進め成立させた。公判においては,行為態様等を述べるだけでなく,被告人の更生のために,性依存症の専門家がサポートしていくことを示した。

結果

 公判が開かれる前に,2人の被害者との示談が成立した。検察官の求刑が6年であったことに対して,判決は懲役3年,執行猶予5年,保護観察5年となった。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

パートナー 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail