ひったくりは強盗になりますか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

ひったくりは強盗になりますか。

刑事事件Q&A

ひったくりは強盗になりますか。

 ひったくりをする際の暴行が被害者の反抗を抑圧するに足りるほど強度か否かに拠ります。被害者の虚を突いて奪う程度なら窃盗(刑法第235条)にとどまる可能性が高いと言えますが,そうでなく,たとえばバッグを奪われまいとして手を離さない被害者を引きずって路上に転倒させたりした場合は強盗(怪我をさせれば強盗傷人)とされる可能性が高いでしょう。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 岩澤 祐未

ご挨拶  ご覧いただきありがとうございます。  「ある日突然,刑事事件や民事事件に巻き込まれたあなたには,安心して話をできる場所がありますか。」無 ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  弁護士の山口亮輔と申します。私のページをご覧いただき,誠にありがとうございます。私は,若さを活かして日々の執務にあたっております。  刑 ...

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

清算条項とは何ですか。

清算条項とは何ですか。  清算条項とは,示談において,示談成立後に追加的な金銭の請求その他主として民事的紛争の蒸し返しを防止するための条項であり,示 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail