スマホで盗撮し,任意提出を求められましたので応じました。生活に支障をきたすので,早く返してもらう ...|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

スマホで盗撮し,任意提出を求められましたので応じました。生活に支障をきたすので,早く返してもらうことはできますか。

刑事事件Q&A

スマホで盗撮し,任意提出を求められましたので応じました。生活に支障をきたすので,早く返してもらうことはできますか。

 捜査機関は,携帯電話を解析し,中に入っている盗撮画像等のデータを精査する必要があります。
 よって,どんなに早くとも,基本的には携帯電話の解析が終わるまでは携帯電話の返還はされません。

Pocket

公開日: 更新日:

「盗撮」に関する取扱い分野

盗撮事件に強い弁護士

盗撮(迷惑防止条例違反)に強い弁護士が強力サポートします 「盗撮に強い刑事弁護士」が就いているか否かで,「結果」が分かれます  盗撮に強い刑事弁護 ...

「盗撮」に関する刑事事件Q&A

盗撮の公訴時効は何年ですか。

盗撮の公訴時効は何年ですか。  たとえば,東京都の迷惑防止条例違反の盗撮の場合,その法定刑は,1年以下の懲役又は100万円以下の罰金ですから(同条例 ...

常習盗撮とは何ですか。

常習盗撮とは何ですか。  盗撮のような秘密裏に行われる性的犯罪は,誰かに見つからない限り,自己反省をする機会を得られることもなく,慢性的かつ継続的に ...

「盗撮」に関する刑事弁護コラム

「盗撮」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「盗撮」に関する解決実績