一人暮らしだと保釈は認められないですか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

一人暮らしだと保釈は認められないですか。

刑事事件Q&A

一人暮らしだと保釈は認められないですか。

 保釈の際には,罪証隠滅や逃亡をしないよう,監督してくれる身元引受人を用意するのが一般的です。そして,逮捕時に一人暮らしである場合には,身元引受人と同居して暮らせる環境を整えた方が,保釈が認められやすくなる傾向にあります。
 もっとも,身元引受人と同居することができず,やむを得ず一人暮らしを継続しなければならないような場合であっても,家族や職場,近所の人に協力してもらい,監督体制を整えることができれば,保釈が認められる余地はあります。どのような監督体制を整えれば保釈が認められやすくなるのか,弁護士に相談し,具体的な環境調整をしていきましょう。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  弁護士の山口亮輔と申します。私のページをご覧いただき,誠にありがとうございます。私は,若さを活かして日々の執務にあたっております。  刑 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail