一人暮らしだと保釈は認められないですか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

一人暮らしだと保釈は認められないですか。

刑事事件Q&A

一人暮らしだと保釈は認められないですか。

 保釈の際には,罪証隠滅や逃亡をしないよう,監督してくれる身元引受人を用意するのが一般的です。そして,逮捕時に一人暮らしである場合には,身元引受人と同居して暮らせる環境を整えた方が,保釈が認められやすくなる傾向にあります。
 もっとも,身元引受人と同居することができず,やむを得ず一人暮らしを継続しなければならないような場合であっても,家族や職場,近所の人に協力してもらい,監督体制を整えることができれば,保釈が認められる余地はあります。どのような監督体制を整えれば保釈が認められやすくなるのか,弁護士に相談し,具体的な環境調整をしていきましょう。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績