保釈の身元引受人になってくれと言われましたが,どんな責任が生じるのですか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

保釈の身元引受人になってくれと言われましたが,どんな責任が生じるのですか。

刑事事件Q&A

保釈の身元引受人になってくれと言われましたが,どんな責任が生じるのですか。

 保釈された被告人が証拠隠滅・逃亡をしないことなど保釈許可の条件を守るよう監督する責任がありますが,被告人がそれを守らなかった場合に法律的責任が生じることはないと考えてよいでしょう。ただし,自ら被告人のために証拠隠滅をしたり被告人を逃亡させたりした場合,犯人隠避罪(刑法103条),証拠隠滅罪(同法104条)に問われる可能性はあります。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

パートナー 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績