保釈の身元引受人になってくれと言われましたが,どんな責任が生じるのですか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

保釈の身元引受人になってくれと言われましたが,どんな責任が生じるのですか。

刑事事件Q&A

保釈の身元引受人になってくれと言われましたが,どんな責任が生じるのですか。

 保釈された被告人が証拠隠滅・逃亡をしないことなど保釈許可の条件を守るよう監督する責任がありますが,被告人がそれを守らなかった場合に法律的責任が生じることはないと考えてよいでしょう。ただし,自ら被告人のために証拠隠滅をしたり被告人を逃亡させたりした場合,犯人隠避罪(刑法103条),証拠隠滅罪(同法104条)に問われる可能性はあります。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail