保釈中に再び万引きをしてしまいましたが,保釈金が没収されますか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

保釈中に再び万引きをしてしまいましたが,保釈金が没収されますか。

刑事事件Q&A

保釈中に再び万引きをしてしまいましたが,保釈金が没収されますか。

 保釈金は,保釈が取り消される場合に,裁判所の裁量により没取されます。そして,保釈が取り消される場合とは,被告人が,保釈中に逃亡や罪証隠滅を行おうとした場合など刑訴法96条1項各号に該当する行為を行った場合です。万引きはどれにも該当しませんので,本件で保釈金が没取されることはないでしょう。(ただし,保釈中でも新たな万引き事案で逮捕され,身柄拘束されることがあるのは当然です)。
 一方,再犯の内容が,被害者,その親族等の身体・財産に害を加え若しくは加えようとするものであるなどの場合には,保釈が取り消され,保証金が没取される可能性があります(刑訴法96条1項4号,2項)。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

弁護士 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  弁護士の山口亮輔と申します。私のページをご覧いただき,誠にありがとうございます。私は,若さを活かして日々の執務にあたっております。  刑 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail