保釈中にSNSをしても大丈夫ですか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

保釈中にSNSをしても大丈夫ですか。

刑事事件Q&A

保釈中にSNSをしても大丈夫ですか。

 一般に,保釈中は,裁判所の定める保釈条件に反する行動をしてはいけません。直ちに保釈が取り消され,保釈保証金が没収される可能性大です。
 保釈条件に「SNSをしてはならない」等と記載されていれば当然にしてはいけません。
 仮に保釈条件にそのような記載がない場合であっても,「●●と接触してはならない」などと書かれていれば,その者にSNSで連絡を取るのは当然禁止されます。
 さらに,SNSは誰でも閲覧できる場合も拡散の可能性もあり,いつ被害者その他の関係者の目に触れないとも限りませんから,SNSに何の気なしにアップしたことがその内容・方法によっては罪証隠滅行為とされたり,被害者や関係者を畏怖させるなどの影響を及ぼしかねない行為とされたりするおそれがあります。
 上記のようなSNSの性質を十分理解し,事件に関係すること,被害者その他事件関係者に関係することなどには一切触れないなど細心の注意を払うのでなければ,SNSを利用するのは危険であり,アップしたことを誰が閲覧し,それをどう捉え,誰にどういう方法でどう伝えるかなどが分からないという問題もありますので,リスクを負わないためにはむしろ利用しないのが無難と考えます。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績