保釈保証金はどのように納めるのですか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

保釈保証金はどのように納めるのですか。

刑事事件Q&A

保釈保証金はどのように納めるのですか。

 裁判所の会計課に保釈保証金相当額の現金等を持参し,直接納付する方法と,電子納付(インターネットバンキング,ペイジー対応のATM)の方法があります。それらを弁護士に依頼することも出来ます。電子納付の方法による場合は,事前に裁判所に「電子納付利用者登録申請書」を提出する必要があります。一般的に弁護人を介して納付されることが多いので,弁護人に段取りを確認しておくとよいでしょう。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

パートナー 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績