保釈期間中にバイトはできますか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

保釈期間中にバイトはできますか。

刑事事件Q&A

保釈期間中にバイトはできますか。

 保釈期間中は,保釈許可決定により定められた保釈条件を守る必要があります。その条件として,「被害者・共犯者等の事件関係者と接触しない」とされることが多いので,そのような条件がついた場合には,基本的には被害者や共犯者と同じ職場でアルバイトをすることができませんが,そうでなく,保釈条件に触れないのであれば,アルバイトをすることは自由です。
 生活苦から犯罪に及んでしまった事件の場合など,保釈期間中に就職先を見つけて働いているという事情は,再犯の可能性を低くする事情として,刑の重さを決める上で有利に働き得ますから,保釈期間中にアルバイトをすることはお勧めでき,敢えて避ける必要は基本的にはありません。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

パートナー 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績