刑事事件において示談をした後,民事訴訟を提起されることはありますか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

刑事事件において示談をした後,民事訴訟を提起されることはありますか。

刑事事件Q&A

刑事事件において示談をした後,民事訴訟を提起されることはありますか。

 刑事事件の示談書において,「この示談書に定めるもののほかは,両当事者の間に何ら債権債務関係が存在しないことを確認する」旨の清算条項が入っている場合には,示談成立以降,示談書に記載のある法律関係については,被害者は被疑者に対して何ら債権を有しなくなったということになります。
 通常,刑事事件の示談を行う場合,被疑者・被告人の弁護人がこの点を十分に被害者に対して説明し,理解をしていただいた上で示談書を交わしますので,示談成立までに当事者が知り得なかった後遺症が発生したような特段の事情が存する場合を除いて,その後民事訴訟を提起される可能性は低いといえます。
 万が一,示談成立後に民事訴訟を提起されたとしても,一般的には,示談書を証拠として提出することによって速やかに解決をすることが期待できます。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail