否認していると保釈は認められないのでしょうか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

否認していると保釈は認められないのでしょうか。

刑事事件Q&A

否認していると保釈は認められないのでしょうか。

 保釈には,一定の事由に当たらない限り保釈が認められる権利保釈(刑事訴訟法89条)と,権利保釈は認められないものの保釈が相当であると裁判所が判断した場合に認められる裁量保釈(同法90条)があります。
 一般に,否認事件では,自白事件と比べて保釈のハードルは上がると言われています。「被告人が罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるとき」(同法89条4号)又は「被告人が被害者…の身体若しくは財産に害を加え又はこれらの者を畏怖させる行為をすると疑うに足りる相当な理由があるとき」(同条5号)には権利保釈は認められず,被告人が否認しているため,一般に,被告人に有利となるように証拠を隠滅し,そうでなくとも関係者に害を加えたり威迫したりするおそれがあると考えられてしまうからです。
 しかし,否認事件でも,証拠がすべて捜査機関に押収されているなど物理的に罪証隠滅の可能性がないとして権利保釈が認められるケースもありますし,権利保釈の要件は認められなくとも,具体的な罪証隠滅のおそれが少ないことや,場合によっては例えば持病の悪化,事業への停滞等,被告人の社会的経済的不利益が重大であることも総合的に考慮されて,裁量保釈が認められるケースもあります。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail