喧嘩をしてお互いに暴力をふるい,相手が怪我をしました。私は傷害罪の罪に問われますか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

喧嘩をしてお互いに暴力をふるい,相手が怪我をしました。私は傷害罪の罪に問われますか。

刑事事件Q&A

喧嘩をしてお互いに暴力をふるい,相手が怪我をしました。私は傷害罪の罪に問われますか。

 喧嘩をした場合にはお互い様なのだから犯罪が成立しないだろう,と思われる方もいるかもしれませんが,刑事事件の世界ではそうではありません。
喧嘩をしてお互いに暴力をふるっていた場合でも,相手が怪我をした場合には,傷害罪が成立します(あなたが怪我をしていなければ,相手は暴行罪に問われます)。
 また,正当防衛(刑法第36条1項)が成立する余地が全くないとまでは言えませんが,正当防衛の要件は厳格に定められているため,正当防衛が成立するのはかなり限定的な場合ですので,心してください。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

盗撮の公訴時効は何年ですか。

盗撮の公訴時効は何年ですか。  たとえば,東京都の迷惑防止条例違反の盗撮の場合,その法定刑は,1年以下の懲役又は100万円以下の罰金ですから(同条例 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail