喧嘩をしてお互いに暴力をふるい,相手が怪我をしました。私は傷害罪の罪に問われますか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

喧嘩をしてお互いに暴力をふるい,相手が怪我をしました。私は傷害罪の罪に問われますか。

刑事事件Q&A

喧嘩をしてお互いに暴力をふるい,相手が怪我をしました。私は傷害罪の罪に問われますか。

 喧嘩をした場合にはお互い様なのだから犯罪が成立しないだろう,と思われる方もいるかもしれませんが,刑事事件の世界ではそうではありません。
喧嘩をしてお互いに暴力をふるっていた場合でも,相手が怪我をした場合には,傷害罪が成立します(あなたが怪我をしていなければ,相手は暴行罪に問われます)。
 また,正当防衛(刑法第36条1項)が成立する余地が全くないとまでは言えませんが,正当防衛の要件は厳格に定められているため,正当防衛が成立するのはかなり限定的な場合ですので,心してください。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

パートナー 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手の総合法律事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail