国選弁護人がつかない事件の場合,私選をつけるために援助制度はありますか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

国選弁護人がつかない事件の場合,私選をつけるために援助制度はありますか。

刑事事件Q&A

国選弁護人がつかない事件の場合,私選をつけるために援助制度はありますか。

 逮捕・勾留されたものの,被疑者国選弁護対象事件でないため国選制度を利用できない場合があります。また,国選弁護人は勾留決定後に選任手続が始まるので,逮捕後,勾留決定までの72時間は国選弁護対象事件であっても国選弁護人が付きません。この場合,私選弁護人をつけることになりますが,十分な資力がなく,私選弁護人を依頼することもできない場合には日本弁護士連合会の刑事被疑者弁護援助事業の利用が可能な場合があります。
 この制度は,日本弁護士連合会の会費を財源として,身体を拘束された刑事被疑者のために被疑者段階の刑事弁護活動を行う弁護士の弁護士費用を援助する制度です。ただし,事件終了後に費用を償還しなければならない場合があります。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail