国選弁護人はすべての被疑者や被告人につくのですか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

国選弁護人はすべての被疑者や被告人につくのですか。

刑事事件Q&A

国選弁護人はすべての被疑者や被告人につくのですか。

 起訴された被告人については,刑事訴訟法上は軽微な事件など一部の事件については弁護人を付けることが必要的とはされていないものの,現在全ての事件について,私選弁護人が付いていない場合には国選弁護人を選任する運用となっています。
 また,国選弁護制度は,当初は起訴された被告人のみを対象とした制度でしたが,刑事訴訟法の改正により被疑者国選弁護制度が導入され,平成18年10月に一定の重大事件について,平成21年5月からは死刑又は無期若しくは長期3年を超える懲役若しくは禁固に当たる事件について,被疑者が勾留されている場合には,被疑者段階でも国選弁護人が就くことができるようになりました(刑事訴訟法37条の2)。
 被疑者国選弁護対象事件の拡大によって,殺人・放火・強盗・強制性交等(旧 強姦)といった重大事件だけでなく,傷害・窃盗・詐欺・横領・自動車運転過失致死傷・覚せい剤取締法違反・児童ポルノ規制法違反など,多くの事件が被疑者国選の対象事件となりましたが,全ての事件が対象事件ではありません。
 たとえば,暴行・痴漢・盗撮・住居侵入・死体遺棄・麻薬特例法違反(コントロールドデリバリーが実施された事案)などについては,被疑者段階での弁護の必要性が高い場合もありますが,被疑者国選弁護の対象事件にはなっておらず,被疑者段階で国選弁護を利用することはできません。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail