執行猶予中の再犯であっても,一部執行猶予をとることはできますか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

執行猶予中の再犯であっても,一部執行猶予をとることはできますか。

刑事事件Q&A

執行猶予中の再犯であっても,一部執行猶予をとることはできますか。

 執行猶予中の再犯者というのは,「前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても,その刑の全部の執行を猶予された者」(刑法第27条の2第1項第2号)にあたりますので,他の一部執行猶予の要件を満たせば,今回の事件について一部執行猶予が認められる余地があります。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績