殺人や傷害致死の罪での勾留期間はどのくらいですか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

殺人や傷害致死の罪での勾留期間はどのくらいですか。

刑事事件Q&A

殺人や傷害致死の罪での勾留期間はどのくらいですか。

 殺人や傷害致死のような重大な犯罪であっても,他の犯罪で逮捕された場合と同様,勾留期間は原則10日(刑訴法208条1項)であり,やむを得ない事由があれば最大10日の勾留延長(同条2項)が認められることに変わりはありません。起訴後は,他事件と同様,保釈が認められなければ勾留されることになりますが,責任能力に問題がある場合は鑑定留置(刑訴法227条・167条)がなされる可能性があり,その場合には数か月間身柄拘束されます。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail