殺人や傷害致死の罪で保釈は認められますか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

殺人や傷害致死の罪で保釈は認められますか。

刑事事件Q&A

殺人や傷害致死の罪で保釈は認められますか。

 まず,保釈の請求があった場合,一定の除外事由がない限り必ず保釈しなければならない(必要的保釈。刑訴法89条)とされていますが,同条1号は除外事由として「被告人が死刑又は無期若しくは短期1年以上の懲役若しくは禁錮に当たる罪を犯したものであるとき」を上げており,法定刑として死刑まで定められている殺人罪(刑法199条),同じく「3年以上の有期懲役」(刑法205条)と定められている傷害致死罪は,いずれも権利保釈の対象となりません。
 したがって,保釈は極めて困難と言わざるを得ませんが,ただ,必要的保釈の対象とならない場合でも,裁判所が逃亡又は罪証隠滅のおそれの程度,被告人の健康上,経済上,社会生活上又は防御の準備上の不利益の程度等を考慮し,適当と認めるときは,裁量で保釈を許可することがあります(裁量保釈。刑訴法90条)。ただ,殺人や傷害致死といった重大犯罪の場合,類型的に逃亡・罪証隠滅のおそれが高く,被告人側の事情で裁量保釈が認められる可能性も高いとは言えません。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

パートナー 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

清算条項とは何ですか。

清算条項とは何ですか。  清算条項とは,示談において,示談成立後に追加的な金銭の請求その他主として民事的紛争の蒸し返しを防止するための条項であり,示 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績