殺人や傷害致死の罪で保釈は認められますか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

殺人や傷害致死の罪で保釈は認められますか。

刑事事件Q&A

殺人や傷害致死の罪で保釈は認められますか。

 まず,保釈の請求があった場合,一定の除外事由がない限り必ず保釈しなければならない(必要的保釈。刑訴法89条)とされていますが,同条1号は除外事由として「被告人が死刑又は無期若しくは短期1年以上の懲役若しくは禁錮に当たる罪を犯したものであるとき」を上げており,法定刑として死刑まで定められている殺人罪(刑法199条),同じく「3年以上の有期懲役」(刑法205条)と定められている傷害致死罪は,いずれも権利保釈の対象となりません。
 したがって,保釈は極めて困難と言わざるを得ませんが,ただ,必要的保釈の対象とならない場合でも,裁判所が逃亡又は罪証隠滅のおそれの程度,被告人の健康上,経済上,社会生活上又は防御の準備上の不利益の程度等を考慮し,適当と認めるときは,裁量で保釈を許可することがあります(裁量保釈。刑訴法90条)。ただ,殺人や傷害致死といった重大犯罪の場合,類型的に逃亡・罪証隠滅のおそれが高く,被告人側の事情で裁量保釈が認められる可能性も高いとは言えません。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  弁護士の山口亮輔と申します。私のページをご覧いただき,誠にありがとうございます。私は,若さを活かして日々の執務にあたっております。  刑 ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

弁護士 岩澤 祐未

ご挨拶  ご覧いただきありがとうございます。  「ある日突然,刑事事件や民事事件に巻き込まれたあなたには,安心して話をできる場所がありますか。」無 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

受け子でも実刑になりますか。

受け子でも実刑になりますか。  なりえます。  最近は,特殊詐欺の犯人については,組織の末端の者に対しても世間の処罰感情は厳しく,検察庁,裁判所と ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail