殺人や傷害致死の罪で保釈は認められますか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

殺人や傷害致死の罪で保釈は認められますか。

刑事事件Q&A

殺人や傷害致死の罪で保釈は認められますか。

 まず,保釈の請求があった場合,一定の除外事由がない限り必ず保釈しなければならない(必要的保釈。刑訴法89条)とされていますが,同条1号は除外事由として「被告人が死刑又は無期若しくは短期1年以上の懲役若しくは禁錮に当たる罪を犯したものであるとき」を上げており,法定刑として死刑まで定められている殺人罪(刑法199条),同じく「3年以上の有期懲役」(刑法205条)と定められている傷害致死罪は,いずれも権利保釈の対象となりません。
 したがって,保釈は極めて困難と言わざるを得ませんが,ただ,必要的保釈の対象とならない場合でも,裁判所が逃亡又は罪証隠滅のおそれの程度,被告人の健康上,経済上,社会生活上又は防御の準備上の不利益の程度等を考慮し,適当と認めるときは,裁量で保釈を許可することがあります(裁量保釈。刑訴法90条)。ただ,殺人や傷害致死といった重大犯罪の場合,類型的に逃亡・罪証隠滅のおそれが高く,被告人側の事情で裁量保釈が認められる可能性も高いとは言えません。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

他の弁護士事務所には取りあってもらえませんでしたが,こちらの弁護士事務所へ電話させていただき大変親身に相談に乗っていただけたこと大変助かりました。

他の弁護士事務所には取りあってもらえませんでしたがこちらの弁護士事務所へ電話させていただき大変親身に相談に乗っていただけたこと大変助かりました。   ...

「刑事事件」に関する解決実績