殺人や傷害致死の量刑の相場を教えてください。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

殺人や傷害致死の量刑の相場を教えてください。

刑事事件Q&A

殺人や傷害致死の量刑の相場を教えてください。

 殺人罪の法定刑は「死刑又は無期若しくは5年以上の懲役」(刑法199条),傷害致死罪の法定刑は「3年以上の有期懲役」(同法205条)とされており,両罪の間にはかなりの差があります。また,それぞれの法定刑にもかなりの幅があります。
 それゆえ,例えば,殺人罪については,複数人に対する残虐な事案では死刑判決もある一方,介護殺人のような情状酌量の余地のある事案では,減軽の上執行猶予が付くこともあります。
 傷害致死についても同様で,児童虐待死のような悪質かつ残虐な態様の事案では10年以上の長期の懲役刑となる一方で,被害者側にも何らかの落ち度があったり,暴行の態様からして死の結果が客観的に意外であったりするなど情状酌量の余地のある事案では執行猶予が付く場合もあり,いずれの罪でもその事案の事情に応じた千差万別の量刑となっています。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績