殺人を犯しても心神喪失を理由に不起訴になった場合,すぐ釈放になるのですか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

殺人を犯しても心神喪失を理由に不起訴になった場合,すぐ釈放になるのですか。

刑事事件Q&A

殺人を犯しても心神喪失を理由に不起訴になった場合,すぐ釈放になるのですか。

 心神喪失を理由に不起訴になった場合,一部の例外を除いて,心神喪失者等医療観察法による審判を開くよう検察官が地裁に申し立てます(同法33条1項)。その際,一部の例外を除いて鑑定入院命令が出ますので,精神鑑定のための入院となります(法34条1項)。
 そして,この鑑定を基礎とし,かつ,鑑定医の意見及び対象者の生活環境を考慮した審判の結果,入院の決定が出れば,医療を受けるための入院となります(法42条1項1号)。審判の結果,通院の決定(同項2号)又は不処遇の決定(同項3号)が出れば釈放されますが,入院の決定が出るケースが多いと思われます。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

自首に家族も同伴できますか。

自首に家族も同伴できますか。  可能です。身元引受書等身柄拘束を避けるために必要な書類を書いていただいた上で,同伴していただくことになります。 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail