痴漢の初犯は正式裁判にはならず,ほとんど罰金を払っておしまいと聞きました。この話は否認でも変わり ...|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

痴漢の初犯は正式裁判にはならず,ほとんど罰金を払っておしまいと聞きました。この話は否認でも変わりませんか。

刑事事件Q&A

痴漢の初犯は正式裁判にはならず,ほとんど罰金を払っておしまいと聞きました。この話は否認でも変わりませんか。

 このような罰金を支払うことにより,正式裁判を回避する手続のことを「略式手続」といいます(刑訴法461条)。
 ただし,この手続は被疑者の同意が必要であり(同法461条の2第1項),実務上,被疑者が認めている事案で用いられますので,否認では検察官が事案としては罰金相当と考えても,正式裁判となるでしょう。

Pocket

「痴漢」に関する取扱い分野

「痴漢」に関する刑事事件Q&A

「痴漢」に関する刑事弁護コラム

冤罪事件に巻き込まれてしまったら

冤罪事件に巻き込まれてしまったら  平成22年3月26日,宇都宮地裁で,菅家さんに無罪が言い渡されました。いわゆる「足利事件」です。冤罪というと ...

「痴漢」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「痴漢」に関する解決実績

mail tel