痴漢癖の治療のために家族は何をすればいいでしょうか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

痴漢癖の治療のために家族は何をすればいいでしょうか。

刑事事件Q&A

痴漢癖の治療のために家族は何をすればいいでしょうか。

 痴漢癖を治療するには,ご本人を支えるご家族の方のご協力が不可欠です。まずは,ご本人の治療のために何が必要かという認識をご家族の方にもお持ちいただくことが重要です。 
 また,治療のためのクリニックでは,家族同士で問題意識を共有するような家族会(ミーティング)を提供しているものがありますので,必要に応じてご参加いただくこともあります。

Pocket

「痴漢」に関する取扱い分野

「痴漢」に関する刑事事件Q&A

「痴漢」に関する刑事弁護コラム

痴漢の判例|刑事事件に強い弁護士

東京簡易裁判所平成12年1月7日 事案の概要  被告人が,走行中の電車内において,被害者の着衣の上から,手指でその臀部付近を触って揉んだという東京 ...

冤罪事件に巻き込まれてしまったら

冤罪事件に巻き込まれてしまったら  平成22年3月26日,宇都宮地裁で,菅家さんに無罪が言い渡されました。いわゆる「足利事件」です。冤罪というと ...

「痴漢」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「痴漢」に関する解決実績

mail tel