相手から殴られたので相手を押し倒したら傷害と言われましたが,相手に責任があるので自分は無罪ではな ...|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

相手から殴られたので相手を押し倒したら傷害と言われましたが,相手に責任があるので自分は無罪ではないのですか。正当防衛は成立しないのですか。

刑事事件Q&A

相手から殴られたので相手を押し倒したら傷害と言われましたが,相手に責任があるので自分は無罪ではないのですか。正当防衛は成立しないのですか。

 相手に対しお互いに有形力を行使し合っているので,双方がそれぞれ暴行罪又は傷害罪で問擬されます。
 あなたの行為が急迫不正の侵害に対する防衛行為と認められれば,正当防衛(刑法36条)として罪に問われない可能性はありますが,それが成立するには,以下のように厳格な要件を満たす必要があります。
 すなわち,正当防衛が成立するためには,相手の行為が差し迫った違法な攻撃である「急迫」「不正」の「権利侵害」といえる行為であり,自分の行為が相手からの攻撃に対するやむを得ない「防御」といえることが必要となります。この判断には,事件の経緯や内容を詳細に聴取し,関連証拠を収集した上での高度な法的専門知識が必要ですので,疑問に思ったら早急に専門の弁護士にご相談ください。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

暴行事件の逮捕・示談に強い弁護士

 日常生活で起こりうる,以下のようなトラブルを見てみましょう。 彼女と口喧嘩をしていて,つい手が出てしまった,殴ってしまった けんかになって相 ...

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

シニアアソシエイト 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

法人アソシエイト 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

最新判例 平成27年6月8日

最新判例 平成27年6月8日 事案  道路交通法125条1項の反則行為についての略式裁判につき,被告人に対し,本件反則行為の告知はされていたものの, ...

刑事判例紹介(6)

刑事判例紹介(6) 事案  警察から任意同行を求められた被疑者が,警察署に到着した午前8時ころから翌日午前零時ころまで断続的に取調べを受け,取調室内 ...

刑事判例紹介(67)

刑事判例紹介(67) DNA型鑑定に証拠能力が認められるか否かが争われた事例  当時4歳の被害者が,栃木県足利市で行方不明となった翌日,遺体となって ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel