示談ができれば不起訴になりますか。|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

示談ができれば不起訴になりますか。

刑事事件Q&A

示談ができれば不起訴になりますか。

 示談ができれば不起訴になる可能性が高まるということはできます。被害者の方が犯人の真摯な謝罪を受け入れて許してくれるような場合には,国家権力が別途刑罰を科す必要はないとも考えられるからです。
 ですが,示談により必ず不起訴になるとは限りません。検察官は,起訴・不起訴の判断をするに際し,被害者のご意向だけでなく,前科の有無・内容を始め,事案の悪質性,結果の重大性,社会的影響等様々な事情をも考慮に入れるからです。不起訴処分を得るためには,刑事事件に精通した弁護士が事件を分析し,検察官に対し不起訴に向けた主張をしていくことが重要となります。

Pocket

「盗撮」に関する取扱い分野

「盗撮」に関する刑事事件Q&A

盗撮の公訴時効は何年ですか。

盗撮の公訴時効は何年ですか。  たとえば,東京都の迷惑防止条例違反の盗撮の場合,その法定刑は,1年以下の懲役又は100万円以下の罰金ですから(同条例 ...

「盗撮」に関する刑事弁護コラム

「盗撮」に関するご依頼者様の「感謝の声」

他の弁護士事務所には取りあってもらえませんでしたが,こちらの弁護士事務所へ電話させていただき大変親身に相談に乗っていただけたこと大変助かりました。

他の弁護士事務所には取りあってもらえませんでしたがこちらの弁護士事務所へ電話させていただき大変親身に相談に乗っていただけたこと大変助かりました。   ...

「盗撮」に関する解決実績

mail tel