示談をする前に,被害者の方へ直接に謝罪しに行ってもいいですか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

示談をする前に,被害者の方へ直接に謝罪しに行ってもいいですか。

刑事事件Q&A

示談をする前に,被害者の方へ直接に謝罪しに行ってもいいですか。

 事件によっては直接に謝罪することを被害者から求められることもあります。ですが,弁護士を介さない直接の謝罪をすることには慎重になるべきです。
 被害者は,犯人の顔を目前にすれば事件時の怒りや悲しみを思い出し,冷静な話し合いをすることは往々にして困難となりがちです。また,こちらの不用意な言動により被害者の方を一層傷付け,示談自体不可能ともなりかねず,かえって脅迫,強要その他新たな疑いをかけられるリスクもあるからです。
 被害者の方へ直接に謝罪しに行くべきか否かという点も早急に弁護士にご相談ください。

Pocket

公開日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail