薬物で捕まるのは2回目ですが,1回目は10年以上前です。それなら執行猶予は付きますか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

薬物で捕まるのは2回目ですが,1回目は10年以上前です。それなら執行猶予は付きますか。

刑事事件Q&A

薬物で捕まるのは2回目ですが,1回目は10年以上前です。それなら執行猶予は付きますか。

 薬物犯罪の場合,初犯は執行猶予が付く可能性が高い一方,再犯で執行猶予が付く可能性はさほど期待できません。執行猶予の期間が経過して刑の言い渡しの効力がなくなったとはいえ,前科は残りますので,その前科を執行猶予期間が経過した後の犯罪の量刑資料として裁判所は考慮することになるからです。
 いずれにせよ,医療機関の継続的な受診や生活環境の改善等きちんと再犯防止策を実行に移し,説得的な弁論をすることが重要です。

Pocket

公開日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail