身元引受人が誰もいないと保釈はできませんか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

身元引受人が誰もいないと保釈はできませんか。

刑事事件Q&A

身元引受人が誰もいないと保釈はできませんか。

 身元引受人の存在は,保釈の法律上の要件として定められているわけではありません。ただし,保釈が認められるためには,逃亡のおそれや罪証隠滅のおそれがないことなどを裁判所に認めてもらう必要があります(刑訴法89条,90条)。
 身元引受人がいなければ,これらのおそれがないことの立証が多少困難になり,保釈請求が却下される方向に作用するおそれはあります。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績