身元引受人が誰もいないと保釈はできませんか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

身元引受人が誰もいないと保釈はできませんか。

刑事事件Q&A

身元引受人が誰もいないと保釈はできませんか。

 身元引受人の存在は,保釈の法律上の要件として定められているわけではありません。ただし,保釈が認められるためには,逃亡のおそれや罪証隠滅のおそれがないことなどを裁判所に認めてもらう必要があります(刑訴法89条,90条)。
 身元引受人がいなければ,これらのおそれがないことの立証が多少困難になり,保釈請求が却下される方向に作用するおそれはあります。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

弁護士 岩澤 祐未

ご挨拶  ご覧いただきありがとうございます。  「ある日突然,刑事事件や民事事件に巻き込まれたあなたには,安心して話をできる場所がありますか。」無 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail