身元引受人は必ず同居していないといけませんか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

身元引受人は必ず同居していないといけませんか。

刑事事件Q&A

身元引受人は必ず同居していないといけませんか。

 身元引受人はそもそも保釈の法律上の要件として定められていないので,当然身元引受人が同居していなければならないとも法律には書かれていません。しかし,同居していない身元保証人では,どうしても逃亡や罪証隠滅を防ぐ監督者としての実効性に疑問が生じますから,同居の身元保証人がいる場合と比べて保釈が認められる可能性はどうしても低くなってしまいます。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績