酔っぱらっていて警察官に罵声を浴びせてしまいました。何か罪に問われるのでしょうか|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

酔っぱらっていて警察官に罵声を浴びせてしまいました。何か罪に問われるのでしょうか

刑事事件Q&A

酔っぱらっていて警察官に罵声を浴びせてしまいました。何か罪に問われるのでしょうか

 酒に酔って公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律違反(通称:酩酊者規制法) 第4条(拘留または科料)にあたります。また,唾が警察官の顔にかかったり,罵声の内容が脅迫に当たれば,公務執行妨害罪(刑法第95条,3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金)に当たる場合もあります。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

暴行事件の逮捕・示談に強い弁護士

 日常生活で起こりうる,以下のようなトラブルを見てみましょう。 彼女と口喧嘩をしていて,つい手が出てしまった,殴ってしまった けんかになって相 ...

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 岩澤 祐未

ご挨拶  ご覧いただきありがとうございます。  「ある日突然,刑事事件や民事事件に巻き込まれたあなたには,安心して話をできる場所がありますか。」無 ...

弁護士 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

盗撮の公訴時効は何年ですか。

盗撮の公訴時効は何年ですか。  たとえば,東京都の迷惑防止条例違反の盗撮の場合,その法定刑は,1年以下の懲役又は100万円以下の罰金ですから(同条例 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

最新判例|刑事事件に強い弁護士

最新判例 平成26年12月2日 - 強盗殺人等を行った被告人に対し,死刑判決が維持された事例 事案  被告人が,同棲中の不倫相手に無断で貯金口 ...

最新判例 平成27年6月8日

最新判例 平成27年6月8日 事案  道路交通法125条1項の反則行為についての略式裁判につき,被告人に対し,本件反則行為の告知はされていたものの, ...

刑事判例紹介(22)

刑事判例紹介(22) 事案  令状に基づき,被告人方を捜索していたところ,捜索中に荷物が配達され,被告人がこれを受け取った。捜査官は,以前にも同じよ ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel