元検事弁護士に法律相談|元検事率いる中村国際刑事の弁護士が全国の相談に対応|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

元検事弁護士に法律相談|元検事率いる中村国際刑事の弁護士が全国の相談に対応

刑事弁護コラム 元検事弁護士に法律相談|元検事率いる中村国際刑事の弁護士が全国の相談に対応

元検事弁護士に法律相談|元検事率いる中村国際刑事の弁護士が全国の相談に対応

 刑事弁護に本当に強いのはどのような弁護士でしょうか。
 刑事事件を多数取り扱っているという事務所の先生であれば,当然のことながら刑事弁護に関する相当の経験は積んでおられることでしょう。
 しかし,検事を経験した弁護士には,そのような先生方とはひと味違う特徴があります。以下,解説いたします。

検事(検察官)とは

 検察官は,捜査,公判(裁判)及び裁判の執行の指揮監督などの仕事を行っています。
 検察官は,いかなる犯罪についても捜査をすることができ(検察庁法6条),必要があれば自らあるいは独自に捜査をします(刑事訴訟法191条)。警察等から事件の送致を受け,警察等を指揮して共に捜査することもできます(刑事訴訟法193条)。そして,独自に捜査し,あるいは警察等から送致を受けた事件につき,その被疑者について公訴を提起し,あるいは提起しない(裁判にかけ,あるいはかけない)権限を有しています(同法247条,同法248条)。
 公判(刑事裁判)においては,検察官は,公益の代表者として裁判所に法の正当な適用を請求し(検察庁法4条),裁判所に証拠を提出して通常は被告人の有罪を立証する重要な役割を担います。
 裁判が確定した後には,懲役刑や罰金刑などの裁判が適正に執行されるように刑事施設の職員等に対して指揮などをするという任務もあります(検察庁法4条,刑事訴訟法472条)。

元検事弁護士の強み

 刑事弁護は,大きく分けて,裁判にかけられる前までの捜査開始前・捜査段階の弁護と,裁判にかけられた後の公判段階の弁護の二つに分けられます。
 スポーツでも受験勉強でも,相手(受験勉強では試験それ自体)を知ることが重要なのと同じように,刑事弁護でも相手を知ることが重要です。
 検察官は,前述したとおり,捜査中の事案につき,裁判にかけるかどうかを決める権限を持っていますから,被疑者・弁護人にとっては「相手」です。
 また,公判において,裁判官は,検察官(と弁護人)が提出した証拠や意見によって被告人に判決を下すわけですから,やはり,被告人・弁護人にとっては相対立する「相手」ということになります。
 日本の刑事裁判における有罪率は,99パーセントとも言われていることからもお分かりのとおり,検察官は,捜査段階から有罪に必要な証拠を収集し,これを裁判に提出して有罪を立証し,有罪の意見(論告)を述べて裁判官を説得し,有罪を獲得するプロ中のプロと言うことができます。
 元検事の弁護士は,この「相手」そのものを実際に経験し,日々処理した多数の刑事事件を通じて,検察官の仕事の処理の仕方・その基準,考え方等を熟知しているのです。たとえば,検察官は,自ら捜査した結果に基づき,日々多数の事件の起訴・不起訴の処分をしますから,これを経験した元検事の弁護士なら,起訴・不起訴の判断のポイントを当然に知り尽くしています。
 また,検察官は,日々多数の公判廷に立ち,証拠を請求し,証人尋問・被告人質問を実施し,有罪の論告を実施していますから,これを経験した元検事の弁護士なら,裁判官がいかなる証拠があれば有罪判決を下すのか,逆に言えば,いかなる証拠が欠ければ無罪判決を下すのかを知り尽くしています。
 要するに,元検事の弁護士は,捜査段階でも公判段階でも,被疑者・被疑者の「相手」である検察官にとって突かれたら痛いツボを十二分に心得ているということになります。
 そして,そのような検事としての経験により,それぞれの事案につき,どこにどういう証拠がありそうか,あるいはなさそうか,どういう証拠があれば,あるいはなければ,どのような結論(検察官の処分,裁判官の判決)になりそうか,弁護側としてご依頼者に有利な証拠がどこにどのような形で存在しそうか,それをいかにして発見して収拾するかなど,弁護活動に必須な見通しを容易に立てることができ,その見通しに即し,先回りした効果的な弁護活動をすることが可能です。
 捜査・公判のことばかりお話ししましたが,その前の段階である被害者との示談交渉においても,検事は,捜査・公判において,被害者の事情聴取,証人尋問等を通じてその悲惨かつお気の毒なご心情に直接触れ,共感の元に職務を遂行していますから,その経験を持つ元検事の弁護士は,被害者のご心情やその慰謝に配慮した示談交渉を行うことが可能です。ご依頼者の都合ばかりを押しつけることによって示談交渉に失敗するような愚を犯すことはありません。
 このように,元検事の弁護士なら,捜査前・捜査段階においても,公判段階においても,ご依頼者のための弁護活動を効率的かつ効果的なものとすることができるのです。

元検事率いる中村国際刑事法律事務所の強み

 当事務所はベテラン弁護士2名にけん引されており,所属しているアソシエイトは,常日頃,それぞれが持つ具体的な事案に即し,「検事は,この事案ではこう考えてこのように行動する。だから,こうすべきである。」といった指導を受けています。
 このように,当事務所の弁護士は,事案に即し,検事の思考回路,行動パターンを理解していますから,検事との交渉,示談交渉等も含め,ツボを押さえた効率的かつ効果的な弁護活動を行うことができます。

中村国際刑事法律事務所の解決実績

 多額の詐欺・電子計算機使用詐欺・業務上横領事件(示談に成功し,不送致,不起訴,又は起訴されたものの執行猶予付き判決を獲得したもの複数あり)
 法人税法・所得税法・関税法違反事件(国税査察官出身税理士と協力し,執行猶予付き判決を獲得したものあり)
 収賄・贈賄事件(執行猶予付き判決を獲得)
 傷害致死事件,誘拐・強姦事件(裁判員裁判事案)
 窃盗(クレプトマニアの再犯事件につき,執行猶予付き判決を獲得)
 性犯罪・傷害・名誉毀損その他一般刑事事件多数(示談による不起訴処分,執行猶予付き判決多数)
 他過失運転致死傷事件,薬物事件,金融商品取引法・公職選挙法・出資法・出入国管理及び難民認定法等違反その他の特別刑法事件多数(執行猶予付き判決,略式命令による罰金を得たもの多数)

中村国際刑事法律事務所所属の元検事弁護士紹介

 当事務所には,元検事の弁護士が2名所属しています。代表パートナー弁護士の中村勉とオブカウンセルの弁護士岩崎哲也です。

元検事弁護士からのメッセージ

 法曹三者(判事,検事,弁護士)の中で,元検事の弁護士は,ヤメ検とも呼ばれ,ある意味特殊な存在とみるむきもあるようです。ヤメ検が本当に「特殊」なのかはともかく,元検事の弁護士には,上記のとおり,法律問題でお悩みの皆様のお役に立てる,他にはない特徴があります。その特徴ゆえに時には冷静にかつ厳し目の見通しを述べざるを得ないこともありますが,それでも,事案に即した最も良い解決の道をご依頼者と共に不断に考え,それを目指して精一杯お役に立ちたいと考えています。

まとめ

 いかがでしょうか。元検事の弁護士の特徴がお分かりいただけましたでしょうか。刑事事件でお困りの方は,ぜひ当事務所にご依頼ください。

Pocket

「元検事」に関する刑事弁護コラム

tel mail
お名前 必須 ex.鈴木太郎
電話番号 必須 ex.090-000-000
メールアドレス ex.t-suzuki@nicd.jp
都道府県 必須
ご相談の種類 必須
弁護士へのご依頼予定 必須
ご相談内容
※200文字以内でご記入ください。現在の文字数は約0文字です。200文字を超過しています。