一審弁護人は,私の弁解を十分に聞いてくれず,裁判で私の弁解を主張してくれませんでした。控訴審で改 ...|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

一審弁護人は,私の弁解を十分に聞いてくれず,裁判で私の弁解を主張してくれませんでした。控訴審で改めて私の弁解を主張することは可能ですか。

刑事事件Q&A

一審弁護人は,私の弁解を十分に聞いてくれず,裁判で私の弁解を主張してくれませんでした。控訴審で改めて私の弁解を主張することは可能ですか。

 基本的には,控訴審において新たな主張をすることは困難です。なぜならば,日本における刑事訴訟の控訴審の構造が,第一審の裁判が正しかったのかを振り返るという「事後審」制が取られているからです(ちなみに,日本における民事訴訟の控訴審の構造は,第一審の裁判の続きであるという「続審」制が取られており,控訴審において新たな主張をすることが可能です)。
 もっとも,第一審で証拠について取り調べを請求できなかったことについて「やむを得ない事由」がある場合で,この証拠により証明できる事実が量刑不当・事実誤認の控訴理由にあたると信じるに足りる場合には,この限りではありません(刑事訴訟法第382条の2)。第一審判決を経て,控訴すべきか悩んだ場合には,上記の点を含め,弁護士に相談してみましょう。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 勝浦 貴大

ご挨拶  大阪で弁護士をしている勝浦貴大と申します。社会は日々,複雑に変化しますが,刑事事件もの様相も複雑かつ多様に変化するものと思います。こうした ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

弁護士を雇う必要がありますか

弁護士を雇う必要がありますか  民事事件では,特に少額訴訟などにおいて,本人訴訟なども珍しくなく,本人が訴訟の原告となり,あるいは,被告になり, ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail