現在,一審の公判段階で,被害者と示談を結びたいと考えているのですが,弁護人が示談交渉に苦戦してお ...|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

現在,一審の公判段階で,被害者と示談を結びたいと考えているのですが,弁護人が示談交渉に苦戦しており,弁護人をこの段階で切り替えて何とか一審での示談成立を目指すか,一審の判決を見て控訴した場合に控訴審で違う弁護人に切り替えるか悩んでいます。どちらの方が得策でしょうか。

刑事事件Q&A

現在,一審の公判段階で,被害者と示談を結びたいと考えているのですが,弁護人が示談交渉に苦戦しており,弁護人をこの段階で切り替えて何とか一審での示談成立を目指すか,一審の判決を見て控訴した場合に控訴審で違う弁護人に切り替えるか悩んでいます。どちらの方が得策でしょうか。

 控訴審でも示談が成立すれば,減軽になる可能性は高いですが,その減軽の程度は一審で示談した場合に比べると小さいことが多いと言わざるを得ません。
 確かに,今の弁護人がその時点ではその事案を一番知っていると言えるでしょうし,弁護人を代えたからと言って必ず事態が好転するとは限りませんから,示談に苦戦しているからといって直ちにその弁護人を代えるのがいいとは一概に言えません。
 また,結審までどれくらいの時間が残されているかにもよります。
 しかしながら,今の弁護人では示談成立の見込みがないとお考えなら,早期に弁護人を切り替え,当初の弁護人とは別のアプローチで示談に臨んでもらい,一審での示談成立を目指すのも一法です。

Pocket

公開日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績