現在,一審の公判段階で,被害者と示談を結びたいと考えているのですが,弁護人が示談交渉に苦戦してお ...|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

現在,一審の公判段階で,被害者と示談を結びたいと考えているのですが,弁護人が示談交渉に苦戦しており,弁護人をこの段階で切り替えて何とか一審での示談成立を目指すか,一審の判決を見て控訴した場合に控訴審で違う弁護人に切り替えるか悩んでいます。どちらの方が得策でしょうか。

刑事事件Q&A

現在,一審の公判段階で,被害者と示談を結びたいと考えているのですが,弁護人が示談交渉に苦戦しており,弁護人をこの段階で切り替えて何とか一審での示談成立を目指すか,一審の判決を見て控訴した場合に控訴審で違う弁護人に切り替えるか悩んでいます。どちらの方が得策でしょうか。

 控訴審でも示談が成立すれば,減軽になる可能性は高いですが,その減軽の程度は一審で示談した場合に比べると小さいことが多いと言わざるを得ません。
 確かに,今の弁護人がその時点ではその事案を一番知っていると言えるでしょうし,弁護人を代えたからと言って必ず事態が好転するとは限りませんから,示談に苦戦しているからといって直ちにその弁護人を代えるのがいいとは一概に言えません。
 また,結審までどれくらいの時間が残されているかにもよります。
 しかしながら,今の弁護人では示談成立の見込みがないとお考えなら,早期に弁護人を切り替え,当初の弁護人とは別のアプローチで示談に臨んでもらい,一審での示談成立を目指すのも一法です。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail