相手の請求する金額を支払えそうにありません。示談の成立は無理でしょうか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

相手の請求する金額を支払えそうにありません。示談の成立は無理でしょうか。

刑事事件Q&A

相手の請求する金額を支払えそうにありません。示談の成立は無理でしょうか。

 示談金に関する交渉は,被害者側の感情その他の事情と深く絡み,極めてデリケートで高度の専門性が求められます。事件ごとに被害の内容・程度,被害者・犯人それぞれの事情等は様々であり,客観的にどれ程の被害が生じているのか,被害者のお気持ちがいかにどの程度傷ついているのか,これらを慰謝するにはどの程度の金額が必要かなどを正確に把握しなければならないからです。
 被害者の請求する金額を支払えそうにない場合,弁護士が間に入ることにより,客観的な被害や被害金額を正確に把握し,状況に応じて,減額や分割払いを申し込むこと等により示談が成立することがあります。
 相手方から金銭の支払いを要求されたらすぐに弁護士にご相談ください。法的専門家の観点から,ご希望に沿う解決に向けて全力を尽くしてまいります。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手の総合法律事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験 ...

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

常習盗撮とは何ですか。

常習盗撮とは何ですか。  盗撮のような秘密裏に行われる性的犯罪は,誰かに見つからない限り,自己反省をする機会を得られることもなく,慢性的かつ継続的に ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績