相手の請求する金額を支払えそうにありません。示談の成立は無理でしょうか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

相手の請求する金額を支払えそうにありません。示談の成立は無理でしょうか。

刑事事件Q&A

相手の請求する金額を支払えそうにありません。示談の成立は無理でしょうか。

 示談金に関する交渉は,被害者側の感情その他の事情と深く絡み,極めてデリケートで高度の専門性が求められます。事件ごとに被害の内容・程度,被害者・犯人それぞれの事情等は様々であり,客観的にどれ程の被害が生じているのか,被害者のお気持ちがいかにどの程度傷ついているのか,これらを慰謝するにはどの程度の金額が必要かなどを正確に把握しなければならないからです。
 被害者の請求する金額を支払えそうにない場合,弁護士が間に入ることにより,客観的な被害や被害金額を正確に把握し,状況に応じて,減額や分割払いを申し込むこと等により示談が成立することがあります。
 相手方から金銭の支払いを要求されたらすぐに弁護士にご相談ください。法的専門家の観点から,ご希望に沿う解決に向けて全力を尽くしてまいります。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

オブカウンセル 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail