被害者がどうしても示談に応じてくれません。何も手段はないのでしょうか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

被害者がどうしても示談に応じてくれません。何も手段はないのでしょうか。

刑事事件Q&A

被害者がどうしても示談に応じてくれません。何も手段はないのでしょうか。

 被害者への弁済に関しては供託という手段があります。供託とは,損害賠償金等をその債権者である被害者のために供託所(法務局)に預け,債務を免れる制度です(民法494条,495条)。その場合,被害者がその供託を受諾すれば,供託金は被害者に交付されますが,被害者がそれを受諾しなくても,民事的に(少なくとも供託金額については)債務を免れる効果が生じますし,刑事裁判に対する一定のよい情状とはなり得ます。
 しかし,被害者が受諾せず,また受諾しても供託金が弁償金額に不足する場合など弁償の問題が解決しない可能性があります。しかも,供託により債務を免れたとしても,被害者があなたを許してくれたわけではないので,供託だけでは刑事裁判に対する効果は限定的です。最後の最後まで示談をまとめる努力をすべきでしょう。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手の総合法律事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験 ...

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績