被害者が示談に応じることのメリットとデメリットを教えてください。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

被害者が示談に応じることのメリットとデメリットを教えてください。

刑事事件Q&A

被害者が示談に応じることのメリットとデメリットを教えてください。

 被害者の方が示談に応じることのメリットは,速やかに損害の賠償を受けることができるという点です。
 被害者の方が,犯罪行為によって受けた損害について金銭的な補償を受けるための方法は,一般に,被疑者・被告人側から任意の支払いを受ける被疑者が起訴されて刑事裁判になった場合に損害賠償命令制度を利用して賠償の決定を得る(ただし,民事訴訟に移行する場合があります。),最初から民事訴訟を提起して勝訴判決を得るの3つがあります。
 このうち,1については,刑事手続終了後に被疑者・被告人側に任意の支払いを求めたとしても,被疑者・被告人側が支払いによって刑事手続上のメリットを得ることができないため,任意の支払いが期待できない可能性が高いでしょう。
 また,2および3の方法は,被疑者・被告人側に財産がなければ,決定や判決を得て強制執行をしても空振りに終わってしまう可能性があります(2や3に限らず,そのリスクは常にありますが)。
 そこで,被疑者・被告人が刑事手続において刑事処分の回避又は軽減を望んでいるタイミングで,被疑者・被告人との示談交渉に応じることにより,速やかな支払いを受けられる可能性が高まります。
 一方で,示談交渉に応じることのデメリットは,金銭の受け取りと引き換えに,被疑者・被告人が不起訴となる場合や,刑事裁判になった際には量刑が下がる場合があるということです。
 示談に応じる場合には,被疑者・被告人の刑事処分に影響が生じることに注意する必要があります。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

弁護士 勝浦 貴大

ご挨拶  大阪で弁護士をしている勝浦貴大と申します。社会は日々,複雑に変化しますが,刑事事件もの様相も複雑かつ多様に変化するものと思います。こうした ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail