一部執行猶予は被告人にとって不利と考えている弁護士もいるようですが,どうしてですか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

一部執行猶予は被告人にとって不利と考えている弁護士もいるようですが,どうしてですか。

刑事事件Q&A

一部執行猶予は被告人にとって不利と考えている弁護士もいるようですが,どうしてですか。

 一部執行猶予制度は平成28年6月から施行された制度であり,宣告刑の一部について刑の執行を猶予する制度をいいます(刑法27条の2)。
 一部執行猶予は,実際に下された実刑判決の期間よりも短い期間で社会復帰が可能となる点では被告人に有利と考えられます。
 一方で,あくまでも実刑判決の一種とも言えますし,一部執行猶予期間中は保護観察に付される場合もあります。保護観察が付されれば,一部執行猶予により刑務所出所後も国家機関から完全に自由とは言えず,その期間中は執行猶予取消しの威嚇のもとで生活をしなければなりません。その意味で一部執行猶予が必ずしも被告人にとって有利ではないと考える弁護士もいらっしゃいます。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail