保釈中に引越をしても大丈夫ですか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

保釈中に引越をしても大丈夫ですか。

刑事事件Q&A

保釈中に引越をしても大丈夫ですか。

 裁判所の定める保釈条件には住所の制限があるのが普通ですから,裁判所の許可を得ない限り住居を動かすことは保釈条件に反することになります。そのため,引越をする場合には,裁判所に引越の必要性を説きつつ制限住居の変更を申請し,許可を得てからにすることが必須です。できるだけ早く弁護士に相談してください。

Pocket

公開日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 川瀬 雅彦

ご挨拶  こんにちは。弁護士の川瀬雅彦と申します。ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。  私は,下記に述べますように長年検事の仕事 ...

パートナー 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績