執行猶予の期間はいつから計算されますか。罪は認め,判決には不服はないのですが,少しでも早く執行猶 ...|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

執行猶予の期間はいつから計算されますか。罪は認め,判決には不服はないのですが,少しでも早く執行猶予期間が始まるようにしたいのですが,何か方法はありますか。

刑事事件Q&A

執行猶予の期間はいつから計算されますか。罪は認め,判決には不服はないのですが,少しでも早く執行猶予期間が始まるようにしたいのですが,何か方法はありますか。

 刑の全部の執行猶予が取り消されることなくその猶予期間を経過すると,刑の言渡しは効力を失い(刑法第27条),要するに刑務所に行かなくて済むことになりますが,その期間は,(判決言渡日ではなく)裁判確定日から計算されます(同法第25条1項)。上訴できる判決の確定日は,通常,言渡日(の翌日)から計算して上訴提起期間である14日が経過した後であり(言渡日が令和2年1月1日の場合,同月16日になった瞬間に確定。刑事訴訟法第358条,55条,373条,414条),執行猶予期間はその確定日(上記の場合,同月16日の当日)から計算され(同法第55条),執行猶予期間が3年ならその経過(上記の場合,令和5年1月15日の経過を待って(すなわち同月16日になった瞬間に)執行猶予期間が満了します。

 しかし,この上訴権は,放棄することが出来ます(同法第359条ないし360条の3)から,上訴権を放棄する旨の書面を言渡裁判所に提出し,検察官も同様に書面を提出すれば,双方の書面が同裁判所に到達した瞬間に判決は確定し,その日(の翌日)から執行猶予期間が開始することになり,少しでも執行猶予期間の満了を早めることが可能です。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

盗撮の公訴時効は何年ですか。

盗撮の公訴時効は何年ですか。  たとえば,東京都の迷惑防止条例違反の盗撮の場合,その法定刑は,1年以下の懲役又は100万円以下の罰金ですから(同条例 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail