悪ふざけで人を押したら,転んで頭を打ち,死んでしまいました。怪我をさせる気さえなかったのですが, ...|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

悪ふざけで人を押したら,転んで頭を打ち,死んでしまいました。怪我をさせる気さえなかったのですが,どんな犯罪になりますか。

刑事事件Q&A

悪ふざけで人を押したら,転んで頭を打ち,死んでしまいました。怪我をさせる気さえなかったのですが,どんな犯罪になりますか。

 結論から言うと,傷害致死(刑法205条)に該当し,3年以上(20年以下)の有期懲役に処される可能性があります。たとえ悪ふざけとはいえ,人を押すことは暴行(同法208条)の故意に基づく行為であり,その暴行により相手が怪我をすれば,人に怪我をさせる意図はなくても傷害罪(同法204条)が成立すると考えるのが確定した判例です。
 そして,その傷害の結果人を死亡させた場合を規定しているのが刑法205条なのです。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail