殺人を犯しても執行猶予になることはありますか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

殺人を犯しても執行猶予になることはありますか。

刑事事件Q&A

殺人を犯しても執行猶予になることはありますか。

 あります。殺人罪の法定刑は,死刑,無期または5年以上の懲役とされていますが,裁判所は,酌量減軽(刑法第66条)その他の減軽により,有期懲役を選択の上,下限を2年半の懲役まで引き下げることができます。そして,3年以下の懲役には法律上執行猶予をつけることができます(刑法第25条)ので,殺人罪であっても執行猶予をつけることは法律上可能です。
 そして,当事務所でも殺人罪で執行猶予を獲得した実績があります。もちろん,一般的に殺人罪で執行猶予を獲得することは難しいですが,介護疲れの殺人など,一定の類型においては,執行猶予を獲得することを目標に弁護活動を行っていくことになります。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail