持病があるのですが薬の持ち込みはできるのでしょうか|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

持病があるのですが薬の持ち込みはできるのでしょうか

刑事事件Q&A

持病があるのですが薬の持ち込みはできるのでしょうか

 刑務所に収監される際,刑務所の医師により検査が行われます。この時,持病の薬を持ち込みたい旨申告すると,医師がそれを必要と認めた場合には薬を持ち込み,また支給を受けることができます。ただ,医師が不要と判断した場合には,持ち込みや服用はできません。
 弁護士が上申(事実上のお願い)をして,薬の持ち込みの許可を申請することはできますが,弁護士が頼んだからといって常に許可されるわけではありません。結局のところ,刑務所の医師の判断に委ねられています。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

示談金の相場を教えてください。

示談金の相場を教えてください。  示談金を受け取るか否か,犯人を許すかどうかは被害者の自由です。そのため,これだけ支払えば必ず示談が成立するという意 ...

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績