持病があるのですが薬の持ち込みはできるのでしょうか|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

持病があるのですが薬の持ち込みはできるのでしょうか

刑事事件Q&A

持病があるのですが薬の持ち込みはできるのでしょうか

 刑務所に収監される際,刑務所の医師により検査が行われます。この時,持病の薬を持ち込みたい旨申告すると,医師がそれを必要と認めた場合には薬を持ち込み,また支給を受けることができます。ただ,医師が不要と判断した場合には,持ち込みや服用はできません。
 弁護士が上申(事実上のお願い)をして,薬の持ち込みの許可を申請することはできますが,弁護士が頼んだからといって常に許可されるわけではありません。結局のところ,刑務所の医師の判断に委ねられています。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手の総合法律事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験 ...

パートナー 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

黙秘権について弁護士が解説

黙秘権について弁護士が解説  「黙秘権」という言葉は,一度は聞いたことがあると思いますが,その内容や黙秘権はいつ使うのか,知らない方も多いのではない ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績