友人と一緒にコンビニで万引しましたが,友人が店員を殴ってしまいました。私も強盗の犯人になりますか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

友人と一緒にコンビニで万引しましたが,友人が店員を殴ってしまいました。私も強盗の犯人になりますか。

刑事事件Q&A

友人と一緒にコンビニで万引しましたが,友人が店員を殴ってしまいました。私も強盗の犯人になりますか。

 強盗の共犯とされる可能性はあります。万引をするにあたって,「場合によっては店員に暴力をふるっても構わない」という認識・その旨の共謀があったかどうかが問題となります。
 これは,内心の問題ですので,認識・共謀に関する各共犯者の供述のほか,共犯者との事前のやりとり,現場の状況等から判断されることになります。内心の問題は,事実と異なる容疑をかけられることもあるので,適切な弁護活動をする必要があります。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail