控訴を取り下げることができるのは誰でしょうか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

控訴を取り下げることができるのは誰でしょうか。

刑事事件Q&A

控訴を取り下げることができるのは誰でしょうか。

 控訴の取下権者は以下の通りです。
 ①検察官・被告人(359条)
 ②353,354条に規定する者で,書面による被告人の同意を得た者(360条)

 従って,被告人が控訴を取り下げれば弁護人が控訴を維持しようとしても取下げの効力が生じます。弁護人が被告人の明示の意思に反して控訴するということはなく,弁護人が控訴を取り下げることはできません。
 もっとも,放棄又は取下げをするのは検察官又は被告人ですが,控訴をした法定代理人や弁護人が書面による被告人の同意を得れば,放棄又は取下げをすることができます。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail