業務上横領罪,単純横領罪,背任罪の公訴時効は何年ですか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

業務上横領罪,単純横領罪,背任罪の公訴時効は何年ですか。

刑事事件Q&A

業務上横領罪,単純横領罪,背任罪の公訴時効は何年ですか。

 業務上横領罪の法定刑は10年以下の懲役であり(刑法253条),公訴時効は7年となります(刑訴法250条2項4号)。単純横領罪であれば法定刑が5年以下の懲役であり(刑法252条1項),公訴時効は5年となります(刑訴法250条2項5号)。
 背任罪はやはり法定刑が5年以下ですので(刑法247条),公訴時効は5年となります。なお,特別背任罪は,取締役等による場合の法定刑は10年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金(会社法960条)ですから,公訴時効は7年です。代表社債権者等による場合の法定刑は5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金(同法961条)ですから,公訴時効は5年です。

Pocket

公開日: 更新日:

「横領」に関する取扱い分野

「横領」に関する刑事事件Q&A

「横領」に関する刑事弁護コラム

「横領」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「横領」に関する解決実績

tel mail