傷害致死罪の公訴時効は何年ですか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

傷害致死罪の公訴時効は何年ですか。

刑事事件Q&A

傷害致死罪の公訴時効は何年ですか。

 傷害致死罪の法定刑は3年以上の有期懲役で(刑法第205条),その長期は20年となりますから(刑法第12条1項),「人を死亡させた罪であつて禁錮以上の刑に当たるもの」(刑訴法第250条1項柱書)かつ「長期二十年の懲役…に当たる罪」に当たり,公訴時効は20年です(刑訴法第250条1項2号)。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 岩崎 哲也

ご挨拶  法律問題でお悩みの皆様,ご心労いかばかりかとお察し申し上げます。  こんにちは,弁護士の岩崎哲也と申します。世に活躍しているたくさんの弁 ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

オブカウンセル 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績