傷害致死罪の公訴時効は何年ですか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

傷害致死罪の公訴時効は何年ですか。

刑事事件Q&A

傷害致死罪の公訴時効は何年ですか。

 傷害致死罪の法定刑は3年以上の有期懲役で(刑法第205条),その長期は20年となりますから(刑法第12条1項),「人を死亡させた罪であつて禁錮以上の刑に当たるもの」(刑訴法第250条1項柱書)かつ「長期二十年の懲役…に当たる罪」に当たり,公訴時効は20年です(刑訴法第250条1項2号)。

Pocket

「刑事事件」に関する取扱い分野

暴行事件の逮捕・示談に強い弁護士

 日常生活で起こりうる,以下のようなトラブルを見てみましょう。 彼女と口喧嘩をしていて,つい手が出てしまった,殴ってしまった けんかになって相 ...

弁護士によるセカンドオピニオン

弁護士のセカンドオピニオンとは何か  セカンドオピニオンとは,ある専門家に相談または依頼している案件について,別の専門家に意見を聞くことをいいます。 ...

民事事件

民事事件でお困りの方々のアドバイザーとしてお力になります  当事務所の弁護士は,離婚や相続といった民事事件に関しても豊富な経験と知見があります。 ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 上野 達夫

 弁護士上野達夫は東京大学経済学部を卒業し,司法修習修了後,大手国際総合事務所を経て,ニューヨーク大学ロースクールに留学し,ニューヨーク州の司法試験に ...

弁護士 漆原 俊貴

ご挨拶  弁護士の漆原俊貴(うるしはらとしき)と申します。  突然ですが,皆さんにとって,弁護士のイメージはどのようなものでしょうか?人それぞれだ ...

弁護士 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

最新判例 平成27年12月7日

最新判例 平成27年12月7日 事案  被告人が,旅行業等を営む観光会社の代表取締役として同社の業務に関し,官公庁長官又は群馬県知事の行う登録を受け ...

最新判例 平成27年10月22日

最新判例 平成27年10月22日 事案  成年後見人であり,被成年後見人の預金通帳を保管し財産を管理する業務に従事していた者が,被成年後見人名義の通 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

mail tel