少年ですが,強盗致傷で逮捕されました。逆送はあり得ますか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

少年ですが,強盗致傷で逮捕されました。逆送はあり得ますか。

刑事事件Q&A

少年ですが,強盗致傷で逮捕されました。逆送はあり得ますか。

 逆送が認められるのは,少年の犯罪行為が「死刑・懲役・禁錮に当たる罪の事件について,調査の結果,その罪質及び情状に照らして刑事処分が相当と認める場合」(少年法20条1項)か「故意の犯罪行為により被害者を死亡させた罪の事件であって,その罪を犯すとき16歳以上の少年に係るもの」(同条2項)です。
 強盗致傷罪は「被害者を死亡させた罪の事件」には当たらないので,2項は適用されず,1項が問題となります。強盗致傷罪は,無期又は6年以上の懲役と法定刑が重いため(刑法240条),件数自体は統計上さほど多くはありませんが,逆送も十分にあり得る重大犯罪と言えるでしょう。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

自首と出頭に強い弁護士

自首と出頭に強い弁護士  「自首」とは,被疑者が誰であるか分からない段階で,自分が被疑者であると名乗り出ることであり,刑法で任意的に減軽されることが ...

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

弁護士 坂本 一誠

ご挨拶  私は,これまで100件以上の刑事事件に携わり,痴漢や盗撮,万引きといった皆様の日常で発生することのある事件,組織的な特殊詐欺事件,強盗致傷 ...

弁護士 遠藤 かえで

ご挨拶  「容疑者」,「逮捕」,「家宅捜索」,…日々,皆さんが何気なく目や耳にするニュースの中に,刑事事件に関する言葉は溢れています。他方,そのよう ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績