少年ですが,強盗致傷で逮捕されました。逆送はあり得ますか。|刑事事件の中村国際刑事法律事務所

少年ですが,強盗致傷で逮捕されました。逆送はあり得ますか。

刑事事件Q&A

少年ですが,強盗致傷で逮捕されました。逆送はあり得ますか。

 逆送が認められるのは,少年の犯罪行為が「死刑・懲役・禁錮に当たる罪の事件について,調査の結果,その罪質及び情状に照らして刑事処分が相当と認める場合」(少年法20条1項)か「故意の犯罪行為により被害者を死亡させた罪の事件であって,その罪を犯すとき16歳以上の少年に係るもの」(同条2項)です。
 強盗致傷罪は「被害者を死亡させた罪の事件」には当たらないので,2項は適用されず,1項が問題となります。強盗致傷罪は,無期又は6年以上の懲役と法定刑が重いため(刑法240条),件数自体は統計上さほど多くはありませんが,逆送も十分にあり得る重大犯罪と言えるでしょう。

Pocket

公開日: 更新日:

「刑事事件」に関する取扱い分野

「刑事事件」事案の経験豊富な弁護士はこちら

パートナー 柏本 英生

ご挨拶  このページをご覧いただいている方の中には,今,人生に一度あるかないかの大変な状況にいらっしゃる方も多いと思います。これからなにが起こるのか ...

弁護士 山口 亮輔

ご挨拶  千葉事務所長の山口亮輔と申します。  私は首都圏の刑事事件,民事事件,少年事件などの法律問題に加えて,子ども担当弁護士(コタン),障がい ...

弁護士 宮本 萌

ご挨拶  こんにちは。弁護士の宮本萌と申します。  世の中には沢山の法律が存在します。このくらい大丈夫だろう,と思ってした行為が罪に問われ,逮捕さ ...

弁護士 高田 早紀

ご挨拶  弁護士の高田早紀と申します。私の紹介ページをご覧いただき,誠にありがとうございます。  依頼者の方に寄り添い,少しでも刑事手続に対する不 ...

「刑事事件」に関する刑事事件Q&A

「刑事事件」に関する刑事弁護コラム

詐欺の初犯を弁護士が解説

詐欺の初犯|刑罰や逮捕の可能性を弁護士が解説  振り込め詐欺(オレオレ詐欺)などの特殊詐欺の事案では,学生などの若い人たちが「簡単にお金が手に入る裏 ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績

tel mail